歯の移植・再植

三ノ輪歯科アクセス 早朝診療 ⇒ 7:00 診療開始!
休日診療 ⇒ 土日祝は三ノ輪歯科
深夜,夜間 ⇒ 090-3503-8871
早朝7時~19時 水日祝 7時~13時
03-6806-6816

EPARK歯科ネット診療予約

歯の移植・再植
  1. TOPページ
  2. 歯の移植・再植
歯根

時々、「歯が抜けたー」 と言って来る患者さんがおります。
いわゆる差し歯の芯がかぶせ物とともに取れた場合と、文字通り歯が根っこからそっくり抜けた場合とがあります。
後者は「脱臼」と呼んでおりますが、完全に歯槽骨から抜け落ちている場合と、抜け落ちてはいないが歯槽骨から飛び出している(亜脱臼)、あるいはめり込んでいる(陥入)場合とがあります。
こういった場合の処置は、歯肉内にある歯でも一度抜いてから歯内治療を施し、再度歯槽骨内に戻し固定すると、3ヶ月くらいで元通りになります。
この延長線上に【歯牙移植】【再植】があるのです。

歯牙再植

歯を意図的に一度抜いて、抜いた穴を掃除すると同時に歯を治療し、もとの穴に戻す処置です。
この場合、使いたいのは根っこですから、その安寧を得るために歯肉から上に出る部分は切り落とし、歯肉を縫います。

…などにおこなっています。

根っこが、しかるべく長く(1センチ弱くらいまで)、根管の直径が1.4ミリ以内ならば、どんな歯でも治療可能ですし、工夫をすることで6,7ミリでも大丈夫です。
根っこの治療自体は一回で終わりますので、あとは歯に芯を立て、被せるだけで終わります。

歯牙移植

これは他人同士だと拒否反応をおこすため、当人の歯を別の位置に移すことしかできませんので、自家歯牙移植と言います。
6歳臼歯、あるいは12歳臼歯の残根(C4)を抜歯すると同時に親知らずを移植することが多いですが、条件次第では他の歯の移植も考えられます。

移植・再植については、歯根膜の存在がその帰趨を握っています。
歯を抜いたときに歯根膜は抜歯した歯の根面、あるいは穴の壁面に残りますので、再植ではあまり問題はありません。
しかし、移植では、移す歯の歯根面に60%程度はついていないと成功は難しいと思います。
私の経験では、再植の成功率はほぼ100%ですが、移植は90%強でしょう。

▲歯の移植・再植のTOPへ

土日祝も診療・24時間急患対応 早朝7:00~19:00 水日祝 7時~13時
三ノ輪歯科アクセス 03-6806-6816

EPARK歯科ネット診療予約

ドクター紹介

インプラント 費用について

クリニック案内

歯科用CT 撮影

メディア紹介
クレジットカード
デンタルローン

歯科医師 求人

バーコードで
携帯サイトを表示できます

Nobel Biocare
ノーベルバイオケア

ページの先頭へ

インプラント 費用 低価格